お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

改装を低コストでできる理由

2014.09.23 (火)  その他

お店を改装する際の重要ポイントとは

お店の改装を考えるとき、まず最初に考えたいのが「導線」です。
店舗にとっての導線とは、お客さまがどこからどのように動きたいか、
動いてほしいかということを計算し、その部分を通りやすくしたり、
ゆったりとした気分で商品が見られるようにする工夫のこと。
お客さまにとって、お店の中が寛げない空間であった場合には、
どうしてもゆっくりと買い物を楽しめないという気持ちに陥ってしまいがち。
お店の目玉商品を目にする前に出口に向かってしまうことも、ままあります。
導線を考えるということは、お店の収益の増減を決めると過言ではないほど重要なことなのです。
しかし、大がかりな店舗改装を行うには、費用面での心配が尽きません。
特に、個人でお店を経営されている方にとっては、非常に負担が大きなものとなってしまいます。
店を閉めてしまう訳には行かないから…という部分によって改装を見送ることもあるかもしれません。
でも、諦めるにはまだ早い!低コストで、かつお店を閉めずに改装を行うことができるのです!

実例から紹介!低コスト改装

お店で販売している商品と、外装や内装がきちんと合っているか。
こういったことを考えることでもお店の雰囲気を変えることが可能です。
イメージをしっかりと合わせることによって、改善に導けることもあるそうですよ。
また、奥行きのない店舗でどこにいても店員さんとお客さまの視線が合ってしまうという場合には、
レジ周りに敢えて死角を与えることで、ゆったりと買い物が楽しめるようになったという実例もあるそうです。
実際に、ご自分のお店が今、どういった状態なのかをプロの目から診断してもらうことが大切であると言えるでしょう。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769