お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

壁の効果的な演出で視線と導線をつなぐ

2014.07.28 (月)  その他

壁も商品の演出アイテム

お客様がお店に入った後、視線を集めて欲しい場所は、

やはり商品の陳列箇所でしょう。

ショーケースや棚はもちろんのこと、

壁も商品の演出に、大きく役立つアイテムのひとつです。

導線の設定

導線の設定にはまずは通路作りです。

お店の入り口から奥に至るまで、

特に意識することなく、

商品をゆったりと眺めながら進めることが、

理想的な通路作りと言えるでしょう。

そして通路作りには、幅も重要なポイントです。

平均的な大人3人が、

横に並んで歩けるような幅を理想としますと、

1人あたり60センチと考えると、

60×3=180センチは欲しいところです。

そのためにも、店舗の広さにもよりますが、

壁もしくは壁側への商品の陳列というのは、

通路幅を確保するためにも活用したいものです。

通路と陳列

商品の陳列は、通路に沿って並べるのが基本です。

通路を歩きながら、商品がしっかりと目に入るように、

陳列棚やショーケースを設置していきましょう。

ゴールデンスペース

お客様が商品を見ていく際に、

高さごとで目に入りやすい箇所と、

見えにくくなってしまう箇所が、

どうしてもできてしまいます。

こうした高さごとに目に入りやすい箇所を、

ゴールデンスペースといいます。

・高さ75センチから135センチ

ゴールデンスペースは、床からの高さが、

75センチから135センチと言われています。

ただし、お子様が対象になる場合には、

もう少し低めに設定する必要がありますし、

男性が対称となる場合には、

もう少し高めに設定すると効果的かもしれません。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769