お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

商品イメージに合った外観を作る

2014.07.28 (月)  その他

商品イメージとお店の外観

お店に最も必要なものはなんでしょうか?

商品ですか?スタッフですか?

お店の雰囲気ですか?

これらももちろん必要なのですが、

何よりもお客様に来てもらうことが大切です。

そのためには、扱っている商品のイメージと、

お店の外観が合っていることが第一歩となるのです。

印象づける外観のために

お客様が入店しやすい外観作りのためのポイントを、

いくつか紹介していきます。

・外装
お客様がお店でまず最初に見るところは外装です。

外装を最初に見たイメージによって、

入店するかどうかを決めるといっても過言ではありません。

どんなお店なのか?どんな商品を扱っているのか?

といったことをしっかりとアピールするような外装であることが、

望ましいでしょう。

・看板
外装のイメージを、

より一層アップさせる役目を果たすのが看板です。

商品イメージやお店の雰囲気にふさわしい看板を設置することで、

お店の名前を表現しましょう。

・開口部
お店への入りやすさを左右するものとして、開口部があります。

いくら商品の品質が良かったとしても、

店内に入るのをためらうような感じが少しでもありますと、

せっかくお店の前まで来ているのに、

中に入ってもらえないということになってしまいます。

入りやすいお店の開口部の例として、

できるだけ開口部を大きめにとることや、

開口部をガラス張りにすることがあげられます。

やはりお店の中が外から見えることで、

安心感に差が出てくるのです。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769