お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

ショーウィンドーの位置で集客が変わる

2014.06.30 (月)  その他

流行の波を乗りこなすために

利益は、お客様の入店率に直結しています。

極端に言えば、用がなくても入店してしまうお店が理想なのです。

その際、お店そのものの鮮度は重要で、

長いこと代わり映えのしない店構えでは

センスを疑われてしまいます。

現在は流行の変化のスパンがさらに短くなっており、

店舗改装のサイクルも昔は5年に1回程度だったのが、

最近では2~3年に短縮される傾向にあります。

特にアパレル関係の店舗デザインは、

目まぐるしく加速する時代の変化を

乗りこなしていかねばなりません。

ショーウィンドーで魅せるには

歩いているだけで多くの人が目にするショーウィンドーは、

お店のコンセプトに合ったイメージの配色、

コーナーの効果的な活用などで、時代の旬を

“見せる=魅せる”ディスプレイとして最も大きな要素です。

狙うターゲット層の人々を店内に招き入れ、

くまなく見た上で購買につなげる導線のスタート地点なので、

プランニングの段階では、思いつきだけに頼らない、

実績で積み上げたノウハウで差がつく部分でもあります。

導線の入り口

路面店や商業施設のショーウィンドーは、

マネキンを使って旬の空気を打ち出す看板として、

あるいは季節のシチュエーションやストーリーを

自由に表現できる空間です。

若い女性向けに可愛らしく、

またシニア層には落ち着いた雰囲気など、

照明設計と併せればコンセプトに合った集客ができます。

最近では、店内の壁面をいっぱいに使った大量陳列など、

視覚的な効果を狙う手法が多彩になってきました。

しかし、ショーウィンドーは店舗の顔。

売りたい相手を招き入れ、購買意欲をかき立てる、

まぎれもなく導線の始まりなのです。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769