お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

レジの位置から考える店舗の導線

2014.06.30 (月)  その他

“お客様目線”の心はあるか?

かっこいい店舗=売れる店舗、ではありません。

“売れる店舗”としての機能要素をまず充実させ、

その上にかっこ良さを付加するのが本道です。

売れる店舗とは、デザインだけが一人歩きする

独りよがりなものではなく、

お客様の目線でのワクワク感や満足感、

分かりやすさ、心地よさといった要素が、

適切な導線となって店舗デザインの中に

バランス良く組み込まれているものです。

店が売れない本当の理由

売れない店舗に共通するのは、第三者の目線が欠けた姿勢です。

中でもレジの位置は、入店した瞬間からお客様が意識する要素ですが、

ここに問題があると、滞店中のストレスポイントにもなりかねません。

お客様の滞店時間が短いのは、

店内をゆっくり見て回ったり、店内の奥のほうまで

行かないままで店を出てしまうというパターンが多いかと思います。

理由を突き詰めていくと、

やはりレジの位置と関わる導線に問題があることが分かります。

レジ位置改善で店舗を再生

レジから店内が全方位にわたって

見渡せるような死角のない配置は、

店のスタッフにとっては接客や防犯など

あらゆる面で好都合かも知れません。

ですが、これは完全に店側の都合本位です。

オープンすぎるレジ位置のレイアウトは、

お客様からすれば、どこにいてもレジのスタッフに

見られているようで居心地が悪く、

リラックスできないのではないでしょうか。

レジの位置をはじめ、お客様の目線で導線を改善することは、

スムーズな回遊ができる店=導線の良い“売れる店”に

生まれ変わるための、気づきを与えてくれるものなのです。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769