お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

エレガントな雰囲気のお店を作る配色

2014.05.23 (金)  お店を作る際の配色について

ゴージャス&モダンさがポイント

高級な品物を扱うお店や外資系のお店はエレガントな印象が似合います。
贅沢で、成熟した印象を与える色を選びましょう。
濃厚なワインや、パープル、ゴールドなどの強い色がおすすめです。
色にグラデーションをかけるなど、あまりコントラストを出さないのがコツです。

例:ボルドー、パープル、ブラック、茶色
これらはゴージャス感を出すのに効果的です。

また、近代的なイメージもエレガントに転びます。
例:水色、ブラック、グレー、深緑
多少コントラストが強くなっても、
クールな印象が先行する色です。
ブルーグリーンや寒色系にモノトーンを組み合わせることがポイントです。

光を有効的に使う

エレガントさは高級感を感じさせるのが必須です。
グラデーションを作り出す光の表現がポイントになります。
明るさばかりを強調すると、光を表現しにくいので、
ゴージャスな高級感を感じさせる配色は、ダークな色を中心にします。
光を表現する明るい色を適度に混ぜていくのがコツです。
また、グラデーションをうまく使うことで高級感を強めることができます。

トレンドカラーを織り込むと◎

店の配色をチェンジする場合は、
ファッションが大きなヒントになります。
その時期のパリやミラノなどのコレクションから、
流行のカラーを推測し、取り入れてみましょう。
推測する際は、ウィメンズのコレクションがおすすめです。
女性が好む色が入ったお店は、立ち寄る人数が増え、
間違いなく繁盛するのです。

トレンドカラーは、最短でも2年は人気が続きますので、
時代遅れになることはありません。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769