お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

ナチュラルな雰囲気のお店を作る配色

2014.05.23 (金)  お店を作る際の配色について

ナチュラルな配色が基本に

オーガニックなど素材にこだわったメニューを提案している飲食店や
家庭的な雰囲気を出したいお店の配色におすすめなのがナチュラル配色。
土や木など自然を連想させて温もりを感じさせる色がメインです。

例:茶色、ベージュ、黄土色、桃色、緑、カーキ 等

暖色系の配色はぬくもりを感じさせます。
寒色系の青が好きで取り入れたい場合も、
緑を入れることで温かさを表現することができます。
色の明暗を調整する事で、中間的な色合いを表現できるので、
バランスに気をつけて配色を決めましょう。

このナチュラル配色は一般的な家具やインテリアに多く使用され、
特に日本家屋、和風居酒屋などは暖色系が基本になっています。

華やかかつ自然な配色

薄いピンクやオレンジは自然を連想させるため
使用することでナチュラルな印象になります。
ナチュラルなのに華やかな雰囲気にしたいのであれば、
ピンク×緑の配色がおすすめです。
観葉植物で緑を投入すれば、
爽やかかつ温かみのある仕上がりになります。

気持ちを落ち着かせる色の配置

安定や軽快さ、明るさ、温もりといったイメージを感じさせる色を
空間に取り入れると、精神を安定させ落ち着きを与えてくれます。
薄い色をベースに、濃い色をアクセントとした色の組み合わせは、
落ち着きがあり、濃い色は地面に近い位置に、
薄い色は上の位置にあると色に安定感が出て、
心にも安定を与えてくれます。

お店は居心地の良さが勝負になりますので、
インテリア配置には是非取り入れてみてください。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769