お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

アナロガスを使う事で柔らかい雰囲気のお店を作る

2014.04.28 (月)  お店を作る際の配色について

店舗経営を長く続けるためには、集客力を向上させるとともに、
固定客をつかむことが必要です。そのために必要なのが雰囲気作り。
内装やカラーリングは、お店のイメージ作りに重要な働きをします。

赤に代表される暖色には、食欲を増進させる効果があると言われ、
食欲を増進させることから、飲食店や食品関連で良く使われます。
しかし、強い赤一色の店内では、かえって落ち着きません。
逆に、青に代表される寒色は、興奮を鎮めたり、プロフェッショナルな
印象や誠実さ、清潔感を感じさせる色ですが、食欲を減退させる
効果があるので、飲食店には不向きです。

色合わせにはさまざまなテクニックがありますが、初心者でも
失敗のない基本技法の1つが“アナロガスカラー”です。

アナロガスカラーとは、カラーサークル上の隣り合った色で、
3色以上の組み合わせのこと。類似色・同系色の組み合わせを言います。
調和が取れ、心地よく柔らかい印象が作り出せます。
色の配置によって、リズミカルなイメージを作り出すことも可能です。
似た色の組み合わせなので、合わせやすく、グラデーションも
作りやすいアプローチです。

例えば、鮮やかな赤と黄色を組み合わせると派手でケバケバしい、
強い印象になります。
しかし、アナロガスカラーの手法を用い、トーンを抑えたクリーム色と
淡いピンクを組み合わせれば、とても柔らかな雰囲気になります。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769