お店づくり活動ブログ

現在進行中の案件、お店づくりに関するさまざまな活動やプロセスなどを報告。
成功する店舗に向けて、デクレアデザインプロジェクトは日々アクティブに突き進んでいます。

暖色と寒色でお店の雰囲気とお客様の感じ方が変わる

2014.03.27 (木)  お店を作る際の配色について

一般的にオレンジは食欲をそそる色
ブルーは食欲をなくす色といわれており
食品の包装にはオレンジ色がよく使われています。
オレンジ色を見ると自律神経が刺激されて
食欲が高まるそうです。

≪暖色系の店or寒色系の店≫
色は大きく分けて、
赤など暖色系と青など寒色系に分けられますが
暖色系と寒色系の色が
人に与える効果はどのようなものでしょうか。

【温度効果】
色によって感じる温度が変わってきます。
例えば寒色系は暖色系より3℃ほど温度が低く
感じられるといわれています。

【時間効果】
暖色系の部屋にいると10分しかいなくても20分経ったように感じ、
逆に寒色系の部屋で30分いても15分くらいしか経っていないように
感じるという効果があります。
そのため、回転率をアップしたい飲食店などは
暖色系の内装にしてします。

このように、私達は知らないうちの色から影響を受けています。
儲かるお店をつくるには、
商品やターゲットを踏まえた上で
色のパワーも活用することが大切です。

15年で500件以上の設計実績のあるDe.clare(株式会社デコ・タス)は
店舗の場所・設計・店内の導線などをトータルでコンサルティングし
集客できるお店づくりをサポートいたします。

店舗設計・内装デザイン・改装で悩まれている方におすすめ!

デ・クレア

あなたのお悩み解決します。・居抜き店舗で出店したいけど、なるべく安くいい店にしたい。・店舗の老朽化でリフォームしたいけど、どこから手をつけたらいいか分からない。・店舗イメージを変えたいけど、コンセプトから考えて欲しい

ご相談はこちら

東京 03-6450-0739|大阪 06-6534-3769